カラコンと三白眼

皆さんは「三白眼」をご存知でしょうか?

当事者の方々の名誉のために言いますが、決して病気とか異常の類ではなく、個人差のある瞳の大きさの影響で、たまたま瞳の上限に白眼部分が見えてしまう状態を、日本では三白眼と読んでいるものです。

三白眼 - Google 検索

ただし、この三白眼は、相手の印象を左右する目の特徴であるだけに、白眼がちなことでやや人相が悪い印象となることもあり、怖い人だと思われてしまうケースがあります。

これが幼少期からの経験でコンプレックスとなってしまう方もいるのです。

しかし、当人にとっては深刻なこの三白眼も、実はカラコンを装用することで簡単に矯正されてしまうのです。

一般にどのくらい知られているのか分かりませんが、カラコンの一種である「デカ目」カラコンを使うと、カラコンに描かれた瞳が、三白眼で気になる白眼部分を隠してしまうため、三白眼が自然に普通の瞳に矯正されることとなります。

 

理屈はきわめて単純ですが、効果は絶大です。

カラコンを装着すること自体が、目に負担をかける行為となるため、常用や連続装用には注意が必要ですし、一般には推奨されないものとなりますが、実際に三白眼のコンプレックスに悩む方においては、少々のリスクを呑み込んででも、カラコンを用いた矯正は是非試してみる価値のある行為だと思います。

上に書いたとおり、リスクについては日常のケアと自己責任を必要としますが、コンプレックスの解消は何者にも代えがたいはず。

ネットでもさまざまな関連情報が入手可能ですので、関心のある方は確認してみてください。